So-net無料ブログ作成

手打ちそば「もみじ野」 [そば食べ歩き]

中山平温泉へ行く途中で立ち寄ったそば屋「もみじ野」。
岩出山の山中に有り、自然に囲まれたお店です。

    (詳しい情報はこちらをクリック。)

冷たい蕎麦と温かい蕎麦がありますが、やはり冷たい蕎麦ですね。

もみじ野1.JPG

私と息子はざるそば850円を注文しました。

もみじ野3.JPG

自然水を使って打った蕎麦は、とても優しい口当たりです。
暑い夏は更科系の食べやすい蕎麦が美味しいですね。

女房は天ざる1600円を注文。

もみじ野4.JPG

天ぷらだけをアップで撮ってみました。

なかなか豪華。女房はどうしても天ぷらを外せないようです。

サービスでそばがき揚げをいただきました。

もみじ野2.JPG

表面がカリッと揚がっていて中はしっとり。
蕎麦の風味もバッチリで美味しい一品でした。

最後の締めはやっぱり蕎麦湯ですね~。

もみじ野5.JPG

この店の蕎麦湯は濃厚です。
薄すぎる蕎麦湯が多くて嘆いていたので、
この濃厚さには大満足。
美味しくいただきました。




nice!(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

鳴子温泉郷へ小旅行 [お出かけ]

鳴子温泉郷の中山平温泉「仙庄館」に宿を予約し、家族で小旅行へ出かけました。

ドライブがてらゆっくりと向かい、岩出山付近でお昼。
ネットで調べ、山の中の蕎麦屋で昼食にしました。
蕎麦屋の内容は「そば食べ歩き」でアップします。

午後からは岩出山の「感覚ミュージアム」へ行ったのですが、
室内が思った以上に暗く、息子が怖がって10分で終了。

かなり時間が余ったので、鬼首の間欠泉へ行ってみました。

間欠泉1.JPG

およそ10分に一度、温泉が噴水のように噴き出すとのことで
じっと待っているといきなり吹き出しました。

間欠泉2.JPG

なかなかの湯量で迫力が有りましたね。
山の中で涼しいので良い休憩になりました。

ちょうど良い時間になったので中山平温泉「仙庄館」へ向かいます。

到着してすぐに温泉に入りました。
乳白色のお湯でとろっとしたいい湯です。
鳴子温泉郷は東の横綱と言われるだけありますね。

湯上り後はお楽しみの夕食です。

仙庄館1.JPG

一人8000円コースなので期待はしていなかったのですが、
これだけの料理が出れば大満足ですね。

仙庄館2.JPG

ジュンサイに海老、おしゃれな組み合わせで美味しい。

仙庄館3.JPG

カニを豆乳でしゃぶしゃぶ。カニ大好きの女房が大喜びです。

仙庄館4.JPG

杏仁豆腐にブルーベリー、程よい酸っぱさと甘さが絶妙でした。

温泉と料理は大満足だったのですが、店員の対応がおうへいかつ不親切。

露天風呂が閉鎖になったのですが、連絡も張り紙も無し。
アブの大発生が原因のようですが、お断りの張り紙があってもいいですね。

館内に21時から開く支那そば屋があるんですが、
行ってみると開いていません。フロントで聞くと今日は休みとのこと。
あてにしてご飯を食べてないんだから前もって言ってもらわないとと言うと
なんだか対応が悪いんですね~。だんだん腹が立ってきたので
お会計をすませ、帰って来ました。

色んな意味で思い出に残る小旅行になっちゃいました(笑い)。

nice!(9) 
共通テーマ:日記・雑感

花いかだ [そば食べ歩き]

宮城県柴田郡柴田町にある手打ち蕎麦のお店です。
   
     (詳しい情報はこちらをクリック)

山の中の一軒家で自然がいっぱいの中で蕎麦を食べることが出来ます。

ランチ1000円がおすすめと言うことでしたので女房が注文。

花いかだ2.JPG

これだけの品揃えで1000円はお得ですね。女性に大人気のようです。
デザートとコーヒーを付けて1200円のコースもあるそうです。

私は天ぷらせいろ1400円を注文しました。

花いかだ1.JPG

蕎麦はかなり細めの二八蕎麦で、とっても優しい味の食べやすい蕎麦です。
天ぷらも海老、カボチャ、ゴーヤ、しし唐などなど種類が多くて楽しめました。

息子はせいろの大盛り1100円。

花いかだ3.JPG

久し振りの蕎麦だったのでがっついていました。
私と女房の蕎麦も取って大満足のようでした。



nice!(9) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。